手術室総合マネジメントとは?

麻酔科医の仕事は手術の際に麻酔をかけることだけではありません。

良質な麻酔は当然として外科医、ナース、MEと密にコミュニケーションをとり手術室のコンダクターとして手術を滞りなく進めていくことが要求されます。

また当日の麻酔以外にも術前評価、術後のトラブルシューティングに対応することが求められています。

当法人では上記のニーズに応えトータルで手術室をマネジメントすることも可能です。

年間2500件程度の手術をおこなう施設の運営実績もございます。

麻酔科医紹介

まずは質の高い麻酔科医を紹介いたします。年間の手術件数などによっては複数名の紹介も対応いたします。


術前コンサルテーション

安全な手術を行う上で必要なことは当日の麻酔管理だけだとお考えではありませんか?

麻酔科医による十分な術前リスク評価および麻酔計画は極めて重要です。

当法人では依頼に応じて術前回診をおこないより安全な手術室運営をサポートいたします。


トラブルシューティング

合併症などの術後トラブル、術後鎮痛に関してもご依頼に応じて対応いたします。