代表麻酔科医よりご挨拶

麻酔科医不足が問題となってからずいぶんと時間が経過したと思います。以前は医学部の同期100人のうち一人入局すればいい方だったような麻酔科に今では女性を中心に10人以上入局するようなことも珍しくありません。実際に麻酔科医の数は順調に増えてきており、首都圏の一部では次第に飽和してきているような印象すらあります。

しかしながら、地方に目を移すと麻酔科医不足が解消されている実感はかなり薄れてきます。

これは麻酔科医の総数は増えている一方で偏在化が進んでいることを意味しています。

教育環境、住環境などの要因により医局の人事権が低下しているのは間違いありません。

関東、東北、北海道など多くのエリアでフリーランスとして多くの病院と関わってきた結果、質の高い麻酔科医を紹介することは患者の安全性を高めるのは当然として、外科医、病院、手術室スタッフのストレスを軽減し、総合的により安全かつ円滑な手術室運営につながると感じています。

当法人の活動が地方での深刻な麻酔科医不足を少しでも解消することにつながればと考えています。

 

                                   代表理事   竹森 健

                                     

                                    

 

 

代表理事   竹森 健

麻酔科標榜医

日本麻酔科学会 麻酔科指導医・麻酔科専門医